ホテル清掃代行

ホテル清掃の品質はホテル選びの基準となる。ホテル清掃の注意点や清掃業者に委託する際のメリット、デメリットをご紹介します。

ホテルの経営で、集客をしたいのであれば宣伝に加えてゲストの満足度を高める事が必要です。
もし、ゲストに不快な思いをさせてしまうと、二度と利用してもらうことはできないでしょう。
さらに、口コミ等にも影響を与える恐れがあります。
ゲストの満足度に特に強く影響を与えるのは客室やパブリックスペースの清潔さです。
こちらの記事ではホテルの客室清掃の重要性や作業を自社でやる場合と清掃業者に任せる場合のメリット・デメリットを解説していきます。

UBIQSの清掃代行サービス 詳細はこちら

Contents

ホテル清掃の品質はゲストのホテル選びに影響する

ホテル清掃

ゲストがホテルを選ぶ際は、さまざまな観点から条件を求めます。
交通機関や目的地までの移動をしやすい「立地」や楽しい思い出をつくりだす「食事」、
疲れを解消できる「温泉」などを基準にホテル選びが行われます。
それらの基準の中で、特に重要視されるのが「清潔さ」です。
インターネット上でのアンケートでもホテル選びで重視する項目として「客室の清潔」を選ばれる方が断トツで、65%以上という結果に。

ホテル選びアンケート

出典元:インターワイヤード調べ

客室というのは、ゲストがくつろぐための場所です。
もし前のゲストが使用したままの状態の客室に次のゲストを迎えたとしても
たとえ清掃をしていたとしても、ゴミや汚れが残っていれば、次のゲストは汚いと感じ心からくつろぐことなど不可能です。

客室はホテルがゲストをどのような気持ちで迎えるのかを表現する場所です。
汚れた状態の客室で迎えるというのは、ゲストのことなど考えていないホテルだと受け取られます。
そうした態度を見せるホテルで過ごす時間というのは、ただひたすらに不快なだけです。
他のホテルに移りたいとか、旅行を切り上げて家に帰りたいとゲストに思わせてしまいます。
多くの人は、ホテルにおいて「清潔さ」が重要であることを理解しています。
そのため、観光や出張のためにホテルを探すときに、「清潔な」ホテルかどうかを確認するべく情報収集をします。
ホテルや旅行代理店のWEBサイトの他、SNSやネット掲示板に書き込まれる口コミ情報なども、ホテルの様子を知るための材料です。

ホテル清掃口コミ

特にネット環境が充実しスマホで場所と時間を問わずに情報発信できる世の中となった現代
口コミ情報が集客に大きな影響を与えるようになりました。
口コミに「客室が汚い」という投稿があれば、ホテルの予約は大幅に減少することになるでしょう。
それほどまでに口コミが影響力を持つ理由は生の声が書かれているためです。
ホテルや旅行代理店のWEBサイトの情報というのは、ホテルや旅行代理店の立場から書かれています。
そのため、ホテルにネガティブな印象を与える情報が書かれる事はありません。
一方で口コミというのは、実際に利用したゲストの体験を元にして書かれた情報です。
客室が清潔であったのか、汚かったのかを書くことができます。
口コミの持つ影響力を踏まえると、集客力を高めるためには客室が清潔だとゲストに情報発信してもらうことが効果的です。
そのためにも、ホテル清掃に力を入れ客室を清潔な状態にすることを心がけるべきです。
品質の高い清掃業務を継続して行い、いつでも客室が清潔になっていれば、ゲストから選ばれるホテルになります。

自社でホテル清掃を行う際に気をつけたいポイント

自社でホテル清掃を行う場合、従業員がどのように作業を行うのかが重要なポイントになります。

品質を一定に保つ

ホテル清掃

ホテル清掃を自社の従業員が担うとき、品質を一定に保てるのかは、気をつけたいポイントです。
担当者によって清掃業務の品質が異なれば、ホテルに対する評価も安定しません。
「清潔さ」をアピールしたいのであれば、いつ宿泊しても綺麗な客室となるようなホテル清掃が求められます。
従業員にも得手不得手があり、清掃業務が苦手な人もいるでしょう。
それを踏まえて、品質を一定に保つためにも、清掃スキルを磨けるような研修や徹底した仕上がりの確認が求められます。

ゲストが特にチェックするポイントの清掃は念入りに

ホテル清掃

ホテル清掃の品質を高めるためには、清掃が行き届いているかゲストが特にチェックするポイントを知ることも必要です。
念入りに清掃しておくべき箇所としては、水回り、寝室、床・壁、クローゼットの内部等が挙げられます。
水回りというのは、洗面台・風呂・トイレなどの水を使う部分です。汚れやカビがこびりついていれば丁寧に取り除きます。
洗面台や風呂のバスタブ、鏡など表面が滑らかな場所は、水が乾いた跡が目立ちやすいので、拭き跡もわからないくらいに磨いておきましょう。タオルラックの裏やシャワーフックの内側は、目が届きにくい場所ですが、ゲストの目に触れることもあるので忘れてはいけません。
汚れやすいトイレについては、便座の内側だけでなく外側も綺麗な状態となるように清掃を行います。
寝室の清掃は、リネン類の交換と髪の毛や汚れがついていないかなどを確認していく作業です。
マットレスの隙間に、ゴミが隠されていることもあるので見た目ではわからない部分にも注意しなければいけません。
ゴミや汚れを取り除いた後、ベッドメイクで布団やシーツをシワ一つ無い状態に仕立てます。床・壁は、客室で過ごすならば絶対に目に入る箇所です。
床に落ちているゴミや壁についた手の跡などを清掃していきます。
簡単には落ちない汚れや傷がついている場合には、カーペットや壁紙の交換も考えなければならないでしょう。
クローゼットの内部は、扉を閉めていれば目につきにくい箇所です。
しかし、洋服やカバンをクローゼット内に収納しようと思ったとき、扉を開けて汚れた内部が目に入れば使おうという気持ちが失せてしまいます。
ゲストにそのような不快で不便な思いをさせてしまうと、ホテルに対する評価は大幅に下がる結果に。
いつ扉を開けてもクローゼットの内部が清潔な状態であるように、清掃を行いましょう。

ホテル清掃は委託可能

ホテル清掃代行

ホテル清掃は、想像以上に労力が掛かるもの。
客室を隅々まで清掃し、リネン類などの交換もこなすのは、相当な時間と労力が必要です。
客室を一つ一つ綺麗にしようとすれば、他の業務にも影響がでてしまうでしょう。
人手の少ないホテルだと、他の業務への影響が大きくなるので作業の効率化を図り、影響を最小限に留めなければいけません。
もし、作業の効率化に失敗すれば従業員の負担が重くなり、不満から次々と離職する可能性もあります。
品質を保ち、従業員の負担がなく清掃を念入りに行う際にはホテル清掃を委託業者に依頼するのもおすすめです。

UBIQSの清掃代行サービス 詳細はこちら

ホテル清掃業者の基本清掃に含まれているもの

まずはホテル清掃業者の基本清掃に含まれていることが多い内容から見ていきましょう。

基本清掃に含まれているもの

ホテル清掃

客室清掃は一般的に基本清掃内に含まれる業務です。
客室はホテルの大部分を占めるため、客室清掃はホテル清掃で最もウエイトが大きいと言えます。
具体的な清掃内容は

  • ベッドメイク
  • 床清掃
  • 浴室・トイレ掃除
  • 家具・家電の拭き掃除
  • リネン交換
  • 備品・アメニティの交換・補充
  • ゴミ回収

    などです。
    また、厳密には清掃ではありませんが、客室内に利用客の忘れ物がないかのチェックも基本業務に含んでいる業者がほとんどです。

    UBIQSの清掃代行サービス 詳細はこちら

外周清掃

高圧洗浄

外周清掃はホテルの建物外を清掃するものです。
具体的には出入口の扉の拭き掃除や掃き掃除、敷地内の軽いゴミ拾いなどです。
ホテルの敷地内の美化業務とも言えるでしょう。
夏場になると気になる雑草についても、対応可能な業者もあります。
ガーデン等の施設がある際には草刈りや草むしりの対応が可能な業者がおすすめです。

パブリックスペースの清掃も依頼可能?

パブリックスペース清掃

ホテルには、ロビーや共有トイレなどの共有部分、パブリックスペースがあります。
共用部分の清掃内容としては、床掃除(掃除機かけ・ほうきでの掃き掃除・拭き掃除など)がメインです。
また、共用部にある家具などの拭き掃除をすることもあります。
ホテル清掃を行う業者にその部分も依頼できるのかというと、対応している業者が多いというのが答えです。
パブリックスペースは、客室よりも広く手間がかかる部分も多いので、業者に依頼できれば従業員の負担は大幅に軽減できます。
人手が少ないホテルでもゲストが心地よく利用できるようになり、満足度を高めることが可能です。
チェックインからチェックアウトまで、清潔なホテルだと感じてもらえたら、ゲストがリピーターになる可能性は高まるでしょう。
まずは客室清掃をやってもらい、仕上がりを確認してからパブリックスペースの清掃も依頼するかどうかを決めれば失敗することはありません。

清掃業者に客室清掃に依頼するメリット・デメリット

ホテル清掃代行


依頼するメリット

ホテル清掃を業者に依頼することのメリットは、従業員の負担軽減と清掃業務の品質向上、それから時間の節約です。

従業員の負担軽減

従業員の負担軽減というのは、清掃業務に費やしていた時間と労力を減らせることを意味します。
特に人手の少ないホテルであれば、一人の従業員が担当する業務が多いので、清掃業務が他の業務に及ぼす影響は少なくありません。
その状態を業者に依頼することで解消できます。
清掃業務で必要のあった教育や作業の時間が不要となり、他の業務に集中できるようになれば、効率的な仕事ができるようになるでしょう。
そのことが、ホテル全体の質を高めるのに役立ちます。

清掃の品質向上

清掃業務に特化した業者に依頼することで品質の高い清掃で清潔な空間を保つことが可能になります。
他の業務と同時に清掃業務を行うホテルの従業員に対して、業者の作業員は清掃に集中できます。
加えて、業者は清掃に関する様々な技術を持っています。
その技術を習得できるように、作業員に対する教育も行っているのでホテルの従業員よりも清掃業務の品質向上が期待できます。

時間の節約

時間の節約というのは、従業員の教育にも関係することです。
もし、ホテルが自社で清掃業務を行うために従業員を教育しようとすれば、それだけでもかなりの時間を必要とします。
場合によっては失敗することもあり、再教育を行わなければいけません。
ホテルが求める品質の清掃業務を行える様になるまで、どれほどの年月を必要とするのか不明です。
一方で業者に依頼をすれば、すでに教育を終えた作業員がやってきます。
業者に清掃業務を任せたときから、ホテルは常に清潔な状態を維持できるでしょう。
このように教育にかける時間を節約できるのは、ホテルにとって大きなメリットです。

依頼するデメリット

業者に清掃業務を依頼することのデメリットは、費用がかかることです。
料金システムは業者ごとに異なりますが、室数や広さなどを基準とする業者が多々あります。
大きなホテルほど、業者に支払う金額は大きくなるという仕組みです。
その負担だけを見ると、業者に依頼するよりも、自社で清掃業務を行う方が良いでしょう。
しかしながら、ホテルの清潔さで集客力を高めれば利益が増えます。
利益の増加分や従業員の負担軽減などのメリットで
デメリットである費用を打ち消せると思うならば、業者への依頼を検討する価値はあります。

ホテル清掃を業者に依頼する際の費用

ホテル清掃代行費用

ホテル清掃の基本的な費用を相場として示すのは難しさがあります。
ホテルの客室数や構造など、それぞれの状況で費用が大きく異なるため、一定の相場を算定しにくいのです。
参考として、2名部屋で8,000〜10,000円の料金設定の業者が多くなっています。
ただし、清掃作業を依頼する客室数・スペース、作業内容など詳しい仕様を示した上で
清掃業者に詳細な見積りを依頼するのが確実です。
なお、オプション料金がかかるパターンもあります。
具体的には日常的な清掃以外のスポット業務はオプション料金が発生することが多いでしょう。
また、清掃以外のサービスもオプションとして用意されていることがあります。
ホテル清掃業者の繁忙期は料金が通常時より高くなる場合もあるので注意が必要です。
ホテル清掃業者の繁忙期とは、GW・夏休み・年末年始など、宿泊客が増える傾向にある時期。
つまり、ホテルの繁忙期とリンクしています。

ホテル清掃の所要時間

ホテル清掃代行時間

清掃業務の基本的な所要時間は朝のチェックアウトから午後のチェックインまでです。
部屋の大きさによりますが、ホテル客室清掃の所要時間は3〜5時間です。
チェックアウト10時、チェックイン15時としているホテルが多いのは、清掃時間を予測しての設定になっているからです。
清掃の平均時間に関しては、基本的な清掃を依頼した際の所要時間です。
もし想定以上に部屋が汚れている際や嘔吐物などのイレギュラー対応、オプションを依頼している際は5時間以上の時間を要することも。
そのため、イレギュラー対応が必要な際には余裕を持った時間配分が必須となります。

ホテル清掃委託業者の選び方は?

数多くあるホテル清掃業者から、自社のホテルにマッチする清掃業者を選ぶため、重点的にチェックしておきたいこともあります。
ここでは、ホテル清掃委託業者の選び方として主なポイントを解説します。

リネンサプライやアメニティ交換に対応可能か

ホテルアメニティ交換

客室清掃の際はシーツ・枕カバー・タオル類などリネンサプライの交換が欠かせません。
また、客室に備え付けているアメニティ類のチェック・補充も不可欠です。
これらのアイテムは宿泊客がホテルで快適に過ごすため、いつもしっかり整えているべきものです。
宿泊の際ほぼ必ず使用される部分なので、清掃とともにチェックや交換・補充などを行う必要があります。
契約の際に基本清掃に含まれているか、いないのかしっかり確認しましょう。
リネンサプライやアメニティ交換も掃除の一環として対応してくれる業者を選ぶのがポイントです。

業務の前日予約が可能か

ホテルで突発的に清掃が必要になるシーンも発生するかもしれません。
そんなとき、前日予約など清掃を希望するタイミングの直前でも予約を受け付けてくれる業者であれば便利です。
何かあったときすぐに頼れる業者があれば、安心感が得られるはず。
依頼に素早く対応してくれる業者を選びましょう。

品質の高い清掃を行ってくれるか

特に重要なのはホテル清掃の品質です。
いくらてきぱきとリーズナブルに業務を行ってくれる業者でも、掃除のクオリティが低いのではお金の無駄です。
清掃業者に掃除を依頼する部分は、宿泊客の目につきやすいところです。
宿泊客が快適なホテルステイをできるかどうか大きく左右する部分とも言えます。
クオリティの低い清掃では、宿泊客の満足度や充実度は下がります。
「整えられていなくてだらしないホテル」「清潔感がない」などマイナスなイメージを持たれ、悪い評判がついてしまう可能性も。
常に一定の高い品質を保ちながら清掃を行ってくれる業者を選びましょう

  • 作業マニュアルが完備されているかどうか
  • スタッフ教育が徹底しているか

等はしっかりチェックしておきましょう。
細かなマニュアルを用意しそれに沿って業務を行う業者なら、どのスタッフの作業も品質が維持され、スムーズな仕事が期待できるはずです。
マニュアルなしで現場スタッフにそれぞれ我流で掃除をさせているような業者は要注意です。

UBIQSの清掃代行サービス 詳細はこちら

チェック体制が整っているかどうか

ホテル清掃チェックリスト

品質の高い清掃業者は、清掃業務を現場の作業スタッフ一人だけに任せきりでほったらかしなどということはしません。
業務がミス・漏れなくしっかり行われているか、十分なクオリティか
作業が終わった後に別なスタッフがチェックして業務の質を高めています。
このようなチェック体制が整っているかどうかも業者選びのポイントです。
作業開始から終了までの流れを確認し、チェック機能が存在するか確認してみてください。

清掃業務のサービス内容が充実しているか

どの程度の清掃までしてもらえるのかや、サービス内容の幅広さも業者選びの際に注目しておきたい点です。
例えば日常的と言えるほど高い頻度ではなくとも、定期的に実施すべき清掃もあります。
ガラス清掃やエアコン清掃、換気扇清掃等です。
メンテナンス等も一環して行う業者に依頼することにより、バックオフィスの効率化や、何かあった際に一回一回業者を探す手間も省くことはできます。
またホテル清掃で多いのはゲストの忘れ物に関する対応です。
客室の忘れ物は、清掃の時に出てくることが多くなっています。
その際の対応として忘れ物を業者で保管し、ゲストへの郵送等にも対応してくれる業者も。
忘れ物対応は意外と普段の業務に差し支えるため、忘れ物対応を行う業者なら安心して依頼することができます。
中には、さまざまな管理や運営も一貫して行う清掃業者もあります。
サービスの幅が広い業者に依頼することで、アメニティ等からメンテナンスまでさまざまな相談を行うこともできるかもしれません。

UBIQSの清掃代行サービス 詳細はこちら

ホテルの清掃業者を選ぶ際に注意したいポイント

ホテル清掃

客室清掃を業者に依頼する際に、注意しておくべきポイントは業者の質です。
清掃業務に関する技術を持っていて作業員の教育も十分ならば、期待通りの働きをしてくれます。
しかし、そうでない場合には、汚れが気になる客室のままゲストを迎えることになります。
そのような業者に依頼をすれば、高い料金を取られるだけでなく、清掃ができていない部分を自社の従業員が綺麗にするという二度手間が発生します。
依頼をする前に、信頼できる業者かどうかの見極めが必要です。
信頼できる業者を選びたいのであれば、見積もりはぜひ利用してください。
清掃にどの程度の時間をかけて、料金がいくらになるのかを明確に出せる業者は、料金システムが正確ですし見積もりを出すことに慣れていると考えられます。
見積もりの内容に疑問点を感じて質問をしたときに、わかりやすく説明をしてくれるかどうかもチェックしておきたいところです。
そこで曖昧な説明しかできないようであれば、適正な料金でない可能性があります。
業者との話では、清掃員の教育が充実しているのかもチェックしましょう。
業者の質を見極めるのに役立つ判断材料です。
他にも業者のことを知りたいのであれば、WEBサイトやSNSから発信されている情報や口コミの確認もおすすめです。

清掃業者の服装もチェックが必要

清掃業者の服装についてもチェックが必要です。
多くの業者には服装についての規定がありますが、中には規定が定まっていない業者も。
清掃業者と宿泊客が会ってしまうこともあるため、ホテルにふさわしくない服装であると、ホテルに対しての不信感を抱かれてしまうこともあります。
ブランド重視のホテルの場合、服装についての確認もしておきましょう。
業者によっては制服等を着てもらう等の指定できる場合もあります。

ホテル清掃を依頼する際に気をつけたいこと準備するものはある?

ホテル清掃を業者に依頼する際には、どのようなことに注意すれば良いのでしょうか。
清掃業務が滞らないため、依頼する際に気を付けたいことや、ホテル側で準備するものなどを解説します。

清掃時間を確保するためにチェックアウト時間の徹底する

チェックアウト時間

ホテル清掃業者が清掃業務を行う主な時間帯は宿泊客がホテルにいないときです。
すなわち、宿泊客がチェックアウトし、その日新たに泊まる宿泊客がチェックインするまでの間となります。
宿泊客がチェックアウトしないと業者は清掃作業に入ることができません。
清掃作業は時間勝負です。作業が遅れればその分ほかの作業にも影響する可能性があります。
スムーズに清掃が進むよう、ホテル側は宿泊客のチェックアウト時間を徹底し、清掃作業を妨げないことが大切。
時間を過ぎてもチェックアウトを済ませない宿泊客にいい加減な対応をするのではなく、
次の宿泊客をしっかりきれいな館内でお迎えするためにも、時間の徹底を意識しましょう。

掃除用具をホテル側で準備する

掃除用具はホテル側で準備した方がスムーズです。
ホテル清掃ではさまざまな用具を使いながら清掃作業を行います。
切れているものや必要なものが当日ないということがないように、確認業務もしっかり行いましょう。
効率的に作業が進めばホテルも業者もお互いに気持ち良く仕事ができるでしょう。

清掃業者とホテル側でホスピタリティを共有する

清掃業者は基本的に宿泊客がホテルにいない時間帯に業務を行います。
しかし、ホテル内で宿泊客と会わないとは言い切れません。
例えば連泊する客が、ホテル内を日中移動する際、客室を清掃している清掃業者と廊下で会うことはよくあります。
また、ロビーの掃除などをしているときに宿泊客と会うことも。
清掃時間を決めても、その時間帯に完全に宿泊客をシャットアウトすることはできないので、これは仕方ありません。
そこで気を付けたいのが、宿泊客への接し方です。
清掃業者はホテルのスタッフではありませんが、宿泊客からすれば皆ホテルスタッフです。
清掃業者が宿泊客をスルーすれば「接客態度がなっていないホテル」とクレームに発展したり、ネガティブな口コミが発生したり、ホテルに良くない影響が出る可能性も。
清掃業者もホテルの一員と同じような意識を持ってホスピタリティを心がけること、これを徹底しましょう。

ホテル清掃業者にイレギュラー対応も依頼可能?

ホテル清掃イレギュラー

ホテルで清掃に関して悩みどころなのが、イレギュラーなトラブル
例えば酔った人がホテル内で嘔吐してしまった場合
急遽大量のゴミが発生し片付けなければならない場合などが考えられます。
また、台風や大雨など荒天の影響で、出入口が汚れたり、敷地内に落ち葉・ゴミが散乱したりするケースも。
さらに、ホテル内の設備に清掃メンテナンスが必要になるケースなどもあるでしょう。
このような突発的な案件にも対応してくれる業者も存在します。
もしものときに速やかに依頼できるよう、イレギュラーな業務も相談できるようなホテル清掃業者に委託しましょう。

ホテル清掃業者に委託してより快適にステイできるホテルづくりを

 ホテル清掃業者に清掃を委託すれば、ホテルのスタッフは清掃以外の業務にこれまで以上に注力できます。
それが結果として、ホテルの生産性を上げることにもつながるでしょう。
ホテル清掃業者は多数存在するので、選び方のポイントを意識しながら、自社のニーズにマッチする業者を選ぶことが大切です。
ぜひこの記事を参考に、ホテル清掃業者を利用して、より快適にステイできるホテルづくりをしてみてください。

UBIQSの清掃代行サービス 詳細はこちら

UBQISの清掃部門は最高品質でのお手伝いをします。

徹底したスタッフの教育

UBQISでは新しく入ったスタッフについて基準を満たすまで同行して研修を行なっています。
一人で担当できるようになったあとも定期的にクオリティチェックの機会を設け、清掃の質が落ちないように徹底しています。

高品質&クレームゼロ

清掃については五つ星ホテルで清掃経験のある社員が監修。
清掃箇所すべてにマニュアルがあり
マニュアルに沿って行うことにプラスし清掃担当以外のものがチェックリストに沿ってのチェックを徹底しているため
すべてのスタッフが高品質を維持しています。

お客様の声
これまでの外部委託では自分たちの清掃仕上がりと同じ水準を求めてもなかなか納得できない結果であることが多かったが、こちらではそのようなことがないだけでなく、清掃中に見つけた
改善が必要と判断した点についてもきめ細かく報告をあげており、結果として物件の改善につながっており満足している。

オペレーションとの密な連携

お客様と密に連携を取るためにオペレーション部署を用意。
そのためトラブルについての対処や、当日のイレギュラー対応
ゲストの増減によるベッドメイキング・アメニティの調整など迅速な対応も可能です。

お客様の声
自社でまかない切れない急な対応や、人員の確保にも柔軟に答えていただきました。
1日の依頼件数も多くお願い出来るので助かります。
費用面も満足しており、御社へ安心してお任せ出来るようになりました。

UBIQSの清掃代行は、お客様のお困りごとに合わせたプランニングも可能です。
お見積りは無料です。
清掃についてのお困りごとの際には、まずはお気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちらから

 

関連記事

  1. 民泊清掃

    【民泊清掃】代行と自分で行うのはどちらがおすすめ?メリット・デメリットや注意点、費用等を解説