【実例紹介】江東区

今回は空室期間が長くなってしまった部屋を多く抱えていたオーナー様から弊社にご依頼をいただいたところ収益が通常賃貸の2倍もの数字になった実例をお話いたします。

 

アパートを建てたのはいいものの、長い間賃借人が見つからず空室期間が長くなってしまう部屋が数部屋ございました。

 

この空室期間を解決するために、オーナー様より弊社にご相談がございました。

 

弊社からの提案としましては、現在お住まいの居住者様を追い出すのでは無く、空室の部屋のみを旅館業にしましょうというものでした。

 

その後弊社にて無事旅館業が取得でき、こちらの物件は旅館業法が改正されて以来、江東区では初めての事例となりました。

 

今では、通常の賃貸運営で想定された家賃収入の約2倍である18~20万の収益をオーナー様へ還元することが出来ています。

 

オーナー様も安心して弊社にお任せして頂いております。

 

まとめ

・空室の部屋を利用して旅館業を始められます

・旅館業の取得を全面サポートしております。

・収益が2倍になる可能性があります。

 

※条例により旅館業の取得の条件が変わる可能性がございます。まずは、お問合せからお願いいたします。

関連記事

  1. 全国賃貸住宅新聞に掲載されました【7月22・29日号より】

  2. 【実例紹介】商業ビルの場合

  3. UBIQS合同会社から株式会社UBIQSへ

  4. 8/18(日)資産運用エキスポに参加いたしました

  5. 全国賃貸住宅新聞に掲載されました【7月1日発行】

  6. 【実例紹介】三重県伊勢市の場合

  7. オペレーションの業務について

  8. 無料相談受付中!!

  9. 2019年8月18日(日)開催の資産運用エキスポに出展します!